衣、食、住という言葉を昔からよく耳にすると思います。
衣は、着るもの服など。食は、食べるもの。住は、住む場所、家など。
この三つが、生活上で最低限に必要なものです。
住まいに於いて家具とは、服を仕舞ったり、食器をかたずけたりなど
人々の文化的な生活上必要ものだと思われます。
その様なものを、後世に残していきたいと思い家具造りをしています。

家具の素材としては、木材(欅、檜、松、杉、ヒバ、栃、楢、タモ、など)、
金属(鉄、銅、真鍮、ステンレス、アルミニウムなど)、
和紙、繊維、石材、樹脂材などを適材適所に使ってこそ残っていく物が出来るでしょう。

又、無垢材から突き板、集成材から化粧板まで千差万別な材を使い分けながら
オリジナル家具の創作、家具修理・再生も手がけています。
平成14年より京町屋作事組の組合員にさせていただきました。

長く愛される納得のいく家具のご提案をいたします。
使いやすさを一番に考えたこだわりの手づくり家具は当家具店にご相談ください。



もどる